これぞ郡山市のソウルフード! 『クリームボックス』の魅力とは、、、

4620693218527953731.9277acfaeaed07ab64e8cc9b4c92d199.19060613

 

「これを食べずに育った郡山市民はいない」と言っても過言ではない、言わずと知れた銘品“クリームボックス”。

パン屋やスーパー、コンビニエンスストアで市販されているだけでなく、給食や高校の売店でも販売され、郡山市民の生活に根づいた菓子パンですが、近年は大手コンビニエンスストアで限定販売されるなど、全国にそのおいしさが広まりつつあります。

“クリームボックス”とは

“クリームボックス”の元祖は「ベーカリー ロミオ」。今から40年ほど前に販売されたのが最初といわれています。

特製の厚切り食パン一面に、これでもかと贅沢に塗られたミルククリームが特徴の「ロミオ」の“クリームボックス”。 ほどよい甘さのクリームで、最後の一口まで飽きずに食べられる一品です。

一躍人気商品となった“クリームボックス”は、郡山市内のパン屋に広がり、さまざまなお店で販売されるようになりました。

形や味に各店のこだわりが

 

土台となるパンには、四角い食パン、丸いパンなどお店によって違いがあります。

デニッシュ生地を使って食感を工夫しているお店もあるようです。

さらに、クリームにも各店のこだわりがあり、基本のミルククリームの甘さ・濃厚さも違えば、チョコ・アーモンド・抹茶・小倉など、味の違いも楽しむことができます。

「パン+クリーム」というシンプルな作りでありながら、おいしい進化を続けているところが魅力の“クリームボックス”。

お店ごとにちがう形や生地、クリームの味を食べ比べて、自分のお気に入り“クリームボックス”を見つけるのも楽しいのではないでしょうか。

参考サイト

https://www.arukunet.jp/38903/#8

https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_2897/

photo by aoi

Facebook
Twitter
Google+