福を運ぶ赤べこ伝説

OMJプレゼント二品目は福を運ぶ赤べこセット

福島のみならず県外でも知られている赤べこ。しかしそのルーツを知っている方は少ないのでしょうか?
本日はそんな赤べこが人々に親しまれるようになった理由お話したいと思います!

 今から四百年ほど前の1611年に会津地方を襲った大地震でここ柳津も大被害を受け、虚空蔵堂をはじめ僧舎・民家が倒壊し多くの死者が出ました。その後の1617年に初めて虚空蔵堂(本堂)は現在の巌上に建てられたました。

本堂再建に使われた大材は、只見川上流の村々からの寄進を受け、只見川を利用して運ばれましたが、ここから巌上に運ぶのに大変困り果てていたところ、仏のお導きか、どこからともなく力強そうな赤毛の牛の群れが現れ、大材運搬に苦労していた黒毛の牛を助け、見事虚空蔵堂を建てることができたのです。

赤毛の牛の群れはなぜか虚空蔵堂の完成を待たずにいずこへともなく姿を消したと言われ、後に大材を運んでくれた牛に 感謝の気持ちと、ねぎらいをこめて建立されたのが開運「撫牛」であり、一生懸命手伝った赤毛の牛を「赤べこ」と呼び、忍耐と力強さが伝わりさらには福を運ぶ「赤べこ」として多くの人々に親しまれるようになりました。(福島県柳津町HPより)
その後も、この赤べこは、会津地方で伝染病が流行した時、赤べこを持っていた人が、病気にかからなかったということで、災難をよけたり、願いを叶えたりと縁起物のお守りとして有名になりました。(※諸説あり)

身近にあるけど意外とその背景を知らない。そんな知ればさらに魅力が増すものも引き続きご紹介できればと思います!
OMJプレゼント企画二品目は赤べこグッツ詰め合わせです✨三品目もお楽しみに!

Facebook
Twitter
Google+