民話のぬくもりを伝える極上スウィーツ『いもくり佐太郎』

OMJ福島の魅力プレゼント企画第一弾

一品目のプレゼントは福島の銘菓「いもくり佐太郎」です🍠🌰✨

県外の友人に持っていった時も、後日電話で「あのお土産おいしかったーありがとう!」とわざわざ連絡をもらえるくらい美味しい福島のオススメ銘菓です!

「いもくり佐太郎」は第26回全国菓子大博覧会最高賞の名誉総裁賞を受賞したことがある、その味に太鼓判を押された福島県の銘菓のひとつです。また、テレビで関根勤さんや関根麻里さん、いとうまい子さんが紹介していたことでもたいへん有名になりました。

このお菓子をひと言で表すなら「和風スイートポテト」。ただ、普通のスイートポテトではありません。「いもくり佐太郎」はしっとりしたさつまいもの生地の中に、なんと角切りの栗が入っているんです😚

職人さんの手により表面は軽くカリッと焼き上がっていて、香ばしい香りが甘さを引き立ててくれます。中にはふわっとなめらかな生地。栗がアクセントになり、飽きのこない上品な味になっています。

芋や栗のスイーツが好きな女性はもちろん、上品なので甘すぎるものが苦手な男性にも人気の一品です。

老若男女問わず多くの人に喜んでもらえるはずです☘

また、いもくり佐太郎の由来には地元地域に伝わるこんな民話が関わっています。

「昔、しのぶの里の佐太郎という男のひとり娘を、山の神が嫁に欲しいと言い出しました。困り果てた佐太郎を見たお月様は、山の神の大好物の芋と栗を供えれば願いが叶うと教えました。

佐太郎がさっそく芋と栗をどっさり山の神に供えると、山の神は娘をあきらめ、娘はいいなづけと結ばれました。それからというもの、村人は願い事があると山の神に芋と栗を供えるようになり、佐太郎はいつしか『いもくり佐太郎』と呼ばれるようになったということです。」

この民話のぬくもりを伝えるために作られたのが「いもくり佐太郎」です。

お菓子のパッケージにもこのお話が書かれているので、そんな思いも馳せながら食べていただければと思います😊

 

 

Facebook
Twitter
Google+